CES 2015 : Rockchipが4Kサポートの64bitオクタコアプロセッサ「RK3368」を公開

投稿日時 1月 12th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



中国の半導体メーカー Rockchip が同社初のタブレット向け 64bit 対応オクタコアプロセッサ「RK3368」の主要スペックを CES 2015 イベントで公開しました。


中華タブレットや Android ステックなどでの採用が多い Rockchip プロセッサ。その最新版「RK3368」は ARM Cortex-A53 コアを 8 基使用した最大 1.5GHz 駆動の CPU や ARM Mali-T764 @ 600MHz GPU などを内蔵した 28nm プロセスで製造される SoC です。


おそらく、昨年流出した同社のプロセッサロードマップにコードネーム名「MayBach」として記載された製品なのでしょう。


CES 2015 会場に展示されていたスペックシートによると、RK3368 では最大 4K ディスプレイや H.265 フォーマットの 4K 動画を 60fps で再生すること、OpenGL ES 3.1、Open CL 1.2、Direct X 9.3などのグラフィックス API などをサポートしています。


RAM インタフェースは依然として DDR3 / LPDDR3 までなのですが、HDMI 2.0 をサポートしているので 4K(2160p)@60fps での映像出力が可能になります。4K テレビ / モニタをフル活用できそうです。


さらに、CPU が 64bit にも対応しているので、64bit 版 Android 5.0 も利用できます。


Source : Liliputing

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5