Android Tips : ExoPlayerモードを有効にするとYouTubeアプリの動画読み込み時間が大幅に短縮される(ただしroot端末のみ可能)

投稿日時 1月 14th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



YouTube の 公式 Android アプリに動画の読み込み時間や再生中の安定性を向上させる「ExoPlayer」と呼ばれる再生機能が搭載されていることが判明しました。


ExoPlayer は 標準のMediaPlayer の代替となる動画再生モジュールのことで、現時点では YouTube アプリに隠された状態で実装されています。


ExoPlaeyer は root 化された端末であれば有効にできます。方法は YouTube アプリの設定ファイルを改変することで、Root Explorer などの root アクセスに対応したファイル管理アプリで「/data/data/com.google.android.youtube/shared_prefs」にある「youtube.xml」を開き、序盤の「」タグの直下に次の 3 行を追加します。


<string name=”exo_player_activation_type”>ADAPTIVE</string>
<boolean name=”enable_exo_cache” value=”true”/>
<boolean name=”show_exo_player_debug_messages” value=”true”/>

その後、YouTube アプリの強制終了を行い、再度アプリを起動すると ExoPlayer で動作するようになります。ExoPlayer モード中は画面の下に「Using ExoPlayer」と表示されます(有効でも表示されない場合があります)。


ExoPlayer では動画の再生開始時に読み込みから再生までのロード時間が MediaPlayer の半分以下に短縮されていることを確認できると思います。


Source : RedditGiga.de

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5