QualcommがCortex-A72を採用した「Snapdragon 620 / 618」と8コアCPUの「Snapdragon 425 / 415」を発表、X8 / X5 の新しいLTEモデムを内蔵

投稿日時 2月 18th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



米 Qualcomm は 2 月 18 日、モバイルデバイス向け Snapdragon 新シリーズ「Snapdragon 620」、「Snapdragon 618」、「Snapdragon 425」、「Snapdragon 415」と、新ブランドのマルチモード LTE モデム「X8」と「X5」を発表しました。


Snapdragon 620 / 618 は、最近 ARM が発表した最新 CPU アーキテクチャー「ARM Cortex-A72」を採用した Snapdragon 600 クラスの新モデルで、どちらも X8 モデムを内蔵しています。


Snapdragon 620 では CPU に Cortex-A72 を 4 基と Cortex-A53 を 4 基を採用しており、Snapdragon 618 では CPU に Cortex-A72 を 2 基と Cortex-A53 を 4 基採用しています。GPU は “次世代の Adreno” とされています。


また、どちらも既存の Snapdragon 800 シリーズ(Snapdragon 800 / 801 / 805 / 810)でしかサポートしていなかったデュアル ISP、4K 動画の撮影/再生、HEVC ハードウェアエンコード / デコード、Qualcomm Quick Charge 2.0 のほか、192KHz / 24bit のハイレゾオーディオ再生もサポートしています。スペック的には Snapdragon 810 相当かそれ以上に見えますが、残念ながら LPDDR4 は非サポートのようです。


Snapdragon 425 / 415 はボリュームゾーン市場をターゲットにした Snapdragon 400 クラスで初めて 8 コア CPU を採用した新モデルで、Snapdragon 425 は X8 モデムを、Snapdragon 415 は X5 モデムを内蔵しています。


どちらも、CPU には Cortex-A53 を 8 基採用しており、GPU には Adreno 405 を採用しています。また、フル HD 動画の撮影 / 再生、デュアル ISP、HEVC ハードウェアエンコード / デコードもサポートしています。4K は非サポートのようです。


これらの SoC に統合されている新しい通信モデムの X8 モデムは LTE Category 7 に準拠しており、20MHz 幅 × 2 のキャリアアグリゲーションで下り最大 300Mbps に対応、上りは最大 100Mbps で、LTE Broadcast、LTE デュアル SIM、VoLTE などもサポート。SoC の SKU によって 2G と 3G の対応は異なります。X5 モデムは LTE Cat 4 下り最大 150Mbps に対応しています。


Source : Qualcomm

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5