MWC 2015 : Jolla、Sailfish OS 2.0でAndroidアプリとの互換性を改善、日本でも提供するつもり?

投稿日時 3月 3rd, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



フィンランドの Jolla がスペイン・バルセロナで行われている MWC 2015 イベントで、Android アプリも動く Linux ベースのモバイル OS「Sailfish OS 2.0」と企業向けのセキュアバージョン「 Sailfish Secure」を発表しました。


Jolla は 昨年末の IndieGoGo キャンペーンで「Jolla Tablet」を発表した後、MWC 2015 で初めて実機を一般公開し、同製品に搭載される Sailfish OS 2.0 のデモを披露しました。


Sailfish OS 2.0 では、Intel x86 アーキテクチャーのプロセッサ(Atom X3 を含む)をサポートしたほか、Android アプリとの互換性を向上し、さらに、マルチタスク機能を強化しています。他にも、プライバシー情報の管理機能やパーソナライズ機能の改善、スワイプジェスチャーのシンプル化を含むインターフェースの変更も行っています。


今回の発表の中で驚くべきことは、Jolla はインド、中国、ロシア、そして日本のインターネット企業(詳細は不明)と共に Sailfish OS を中心とした Android に競合できるエコシステムを共同開発する方針を示したことです。日本でも発売を計画しているのでしょうか。


Sailfish OS 2.0 は 2015 年 Q2 にスマートフォン・タブレット向けに提供されます。


Sailfish Secure は、SSH Communications Security 社より提供される Sailfish OS のセキュアバージョンで、SSH 社による独自の暗号化通信機能を搭載しており、2016 年ごろにリリースされる予定ですs。


Source : Jolla

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5