“Android M”の内部的なコードネームは「MNC(Macadamia Nut Cookie)」、Nexus 4 / 7(2012年版)/ 10 はアップデートされない?

投稿日時 5月 24th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



今週末に発表される見込みの次期 Android バージョン「Android M」について、内部的なコードネームが「MNC(Macadamia Nut Cookie)」であることが判明しました。


これは、最近投稿された AOSP へのパッチのコメント内で「mnc-dev」というブランチ名が使われていたからで、ブランチ名はコードネーム名になるので、M で始まる「mnc-dev」は Android M リリース用だと考えられます。、

Patch Set 2: Could you also make this change in mnc-dev branch? Thanks.

この「mnc」は Macadamia Nut Cookie という定番のクッキー菓子の頭文字と一致するからこれがフルネームだと予想されています。


しかし、過去にリリースされた Lollipop や KitKat は、それぞれ、Lemon Meringue Pie(LMP)や Key Lime Pie(KMP)という別のコードネームを持っていました。つまり、MNC は内部的に使用されるもので、一般向けには M ではじまる単語 1 つのスイーツ名になると考えられます。


Android M リリースと関連して、海外の WEB サイト Android Police は、Nexus 4、Nexus 7 2012、Nexus 10 の古い 3 機種に Android M は提供されないと伝えていました。


この話は、Google が今週の Google I/O で発表すると見られている Nexus デバイスのアップデートガイドラインに従うと上記の 3 機種は対象外になるという予測です。


そのガイドラインとは、発売後 2 年間は OS のメジャーアップデートを受けることができ、OS リリース日から 3 年間のセキュリティアップデートも受けることができる。セキュリティアップデートは Google ストア(旧 Google Play ストア)の購入日から最低 18ヶ月間に変わることもある、というものです。



Source : AOSPAndroid Police、画像は Wikia

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5