Google I/O 2015でMaterial Designのガイドラインが更新

投稿日時 6月 3rd, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Google がアプリの開発者やデザイナーに向けて公開している Material Design のデザインガイドラインを Google I/O 2015 の開催中にアップデートし、複数の新セクションを追加しました。


Material Design は紙とインクをモチーフにした、アプリや WEB サイト向けのデザイン方式です。昨年の Google I/O で Android L と一緒に発表されました。


Material Design の特徴は、単一のデザインをマルチデバイス・マルチサービスに展開できるところです。しかし、これまではマルチデバイスへの対応をどうように行うのか、そのガイドラインは公開されていませんでした。


Google は今回の更新で「Adaptive UI」セクションを追加し、アプリのレスポンシブデザイン化を実現するためのガイドラインを紹介しています。


また、「Empty states」セクションで通常のコンテンツが表示されない場合の表示をどうすれば良いのかを、「Launch screens」セクションでアプリ起動時に現れるスプラッシュ画面のブランディング化やプレースホルダーコンテンツの実装方法を、「Navigation」セクションで それぞれの UI に最適なオプションを表示するための方法を提供しています。


このほか、「Elevation and Shadows」と「Authentic Motion」にも新コンテンツが追加されています。




Source : Android Developers

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5