「Voice Translator」で翻訳とTwitterが劇的に楽になる

投稿日時 1月 20th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » 未分類
キーワード: ,

Androidマーケットを眺めていると、「Voice Translator」というアプリが公開されて、「Google音声検索を利用した翻訳・・・」となんとも香ばしい匂いがしてきたので即HT-03Aにインストールして使ってみました。

このVoice Translatorというのは、読んで字のごとく翻訳したい母国語を他の言語に翻訳する機能が備わっており、「Google音声検索」というとものすごく認識精度が高いものを利用していることから利用する前から期待に胸を膨らませていました。

実際の使い方はとても簡単で、Voice Translatorを起動して「しゃべる」をタップし、翻訳したい母国語を入力するだけです。

さすがはGoogle音声検索を利用しているだけある翻訳だと思います。



翻訳・・・じゃないですかね?まあ、いっか。とりあえず、



ブルガリア語で、「ブルガリアヨーグルト」はそんな感じで表記されるんですね。

と、Voice Translatorの翻訳機能には十分満足できるではないかと思います。

このVoice Translatorの機能は翻訳だけではありません、でした・・。Voice Translatorには「しゃべってなう」という音声で入力した言葉をそのままTwitterに投稿したり、メール・SMSの本文に挿入したりという入力した文字列を特定のアプリだけではなくていろんなアプリで共有することができる機能を備えています。

しゃべってなうは、ホーム画面に配置できるウィジェットとして提供され、ウィジェットをタップすると、次の図のようなウィンドウが表示されます。


「しゃべる」をタップするといつものマイクアイコンが表示されますので、マイクに向かって話しかけると話した内容をテキストとして読み込んでくれます。



細かいところで、「しゃべる」というボタンの下にTwitterのアイコンが表示されていますが、それをタップすると、「なう」と入力した文字の後に追加してくれます。



投稿したい文字が決まったら、「送信」をタップすると、どのサービスに投稿したいのか選ぶことができます。



Gmai、Twitterに投稿できるのは非常にウレシイのですが、Evernoteのテキストノートに投稿できないのが非常に惜しいところです。それができれば個人的には非常にありがたいと思います。

もし、それができれば有料アプリだとしても速攻で購入すると思います。値段にもよりますが・・・。

機能、認識精度の面でこれまで手動で行ってきたことの負担が軽減されるので、これからも積極的に利用していこうと思います。特にTwitterを利用している方には超オススメです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

6 Responses to “「Voice Translator」で翻訳とTwitterが劇的に楽になる”

  1. aki より:

    質問なんですけど

    今FOMA端末をパケ・ホーダイダブルで使用しているのですが
    この環境でHT-03Aの白ロムを購入してSIMを挿すだけでそのまま使えるのでしょうか?

    • juggly より:

      >akiさん

      2010年4月1日より、akiさんのような契約状態でもHT-03Aを利用できることになるようです。
      現状では、お手持ちのSIMを白ロムHT-03Aに接続すると、13650円の上限が効いてしまうようです。

      • aki より:

        回答ありがとうございます

        4月から使えるということですのでXperiaが気になるところです

  2. aki より:

    質問なんですけど

    今FOMA端末をパケ・ホーダイダブルで使用しているのですが
    この環境でHT-03Aの白ロムを購入してSIMを挿すだけでそのまま使えるのでしょうか?

    • juggly より:

      >akiさん

      2010年4月1日より、akiさんのような契約状態でもHT-03Aを利用できることになるようです。
      現状では、お手持ちのSIMを白ロムHT-03Aに接続すると、13650円の上限が効いてしまうようです。

      • aki より:

        回答ありがとうございます

        4月から使えるということですのでXperiaが気になるところです