東芝、今週のCESでHoneycombタブレットを発表予定(更新)

投稿日時 1月 3rd, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



東芝がCESで発表予定だと言われる名称不明なHoneycombタブレットの端末写真と情報がリークされました。

Engadgetによると、上図の東芝タブレットは10.1インチディスプレイ(静電容量式、解像度:1,280×800)、NVIDIA Tegra 2、2MPフロントカメラ、5MPリアカメラ、フルサイズのUSB、HDMI端子、ミニUS端子、SDカードスロット、Gセンサー、ライトセンサーを搭載しているという。OSは”タブレットに適した次世代Android OS”と言われておりHoneycombであると予想できます。端末背面はラバーっぽい感じの素材が使われており持ちやすく落としにくいそうです。また、カバーは取り外し可能なためバッテリー交換もできるかもしれないとのこと。重さは約770g、厚さは約15.2mm。発売時期は2011年上半期。

リークされた写真の端末はプロトタイプ(動作しない)だったため、動作確認はできなかったとのこと。CESで発表されるらしいので詳細はすぐに分かるでしょう。

Source : Engadget

更新1:情報追加、タイトル変更

ワシントンポストにもこのタブレットに関する記事が掲載されていました。記事によると上図タブレットは昨年12月にお披露目されたプロトタイプで、今後発売を予定している数機種のうちの1機種とのこと。この機種は2011年6月末までの出荷を予定とのこと。(なのでリークというものではない。)

Androidマーケットからアプリをダウンロードできるだけではなく、Toshiba Placeから動画やゲームといったコンテンツもダウンロード可能で、さらに、Toshiba Book Placeリーダーアプリを搭載し、Book Placeから電子書籍購入し読むことができるとのこと。

Source : Washington Post

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5