Nexus 6Pのブートローダーは「fastboot oem unlock」ではアンロックできない。代わりに「fastboot flashing unlock」を利用する

投稿日時 11月 16th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Nexus 6P のブートローダーをアンロックする際に、従来の「fastboot oem unlock」は利用できず、代わりに Android 6.0 で追加された「fastboot flashing」コマンドを利用しなければならないことが判明しました。

従来、Nexus のブートローダーをアンロックするには「fastboot oem unlock」を利用していました。Nexus 5X でもこのコマンドは機能するのですが、Nexus 6P の場合だとコマンドを実行すると「FAILED(remote unknown code)・・・」とエラーになります。

そこで、Nexus 6P でブートローダーをアンロックするには「fastboot flashing unlock」を利用します。Fastboot モードでこのコマンドを実行すると、「Yes」「No」の画面が表示されるので、後は従来と同じく「Yes」にカーソルを合わせて電源ボタンを押すとアンロックされます。



Nexus 6P では「fastboot flashing unlock_critical」コマンドも同様にブートローダーをアンロックできます。このコマンドはブートローダーの書き換えも可能にするコマンドです。通常は「fastboot flashing unlock」で良いでしょう。

ちなみに、Nexus 5X は「fastboot oem unlock」でも「fastboot flashing unlock」のどちらでもアンロックできます。

このほか、ブートローダーを再ロックするには「fastboot flashing lock」または「fastboot flashing lock_critical」が利用できます。

Android 6.0 では今後、「fastboot flashing」コマンドが主流になると見られので、ROM 焼き愛好家さんたちは覚えておくとよいと思います。

Source : XDAAndroid Police

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found