Samsung、スマートフォン向け新イメージセンサー「BRIGHTCELL」を披露、より明るく綺麗に、そしてスリムに

投稿日時 11月 19th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Samsung は 11 月 16 日、シンガポールで行われたインベスターズフォーラム 2015 で先日韓国の特許商標庁で発見された新しいスマートフォン向けのイメージセンサー「BRIGHTCELL」を披露しました。

BRIGHTCELL は、イメージセンサーの画素を小さくしつつ、カラーフィルターの配列を変更したことで、光の少ない場所でも明るく綺麗に撮影できるほか、同一画素数の従来型イメージセンサーから厚みを減らし、スマートフォンへの実装がよりスリムになるようにしています。

この背景にある重要な技術はカラーフィルター配列で非 RGB のベイヤー配列を採用したところです。BRIGHTCELL では一般的な RGB のベイヤー配列ではなく、赤・青・緑のフィルターのうち、緑を白に変更したことで受光量が向上し、その結果、1.12μm 画素の従来型イメージセンサーよりも明るく、より自然な色合いで撮影できるようになったとのことです。

Samsung は 1,600 万画素で 1.0μm 画素の BRIGHTCELL イメージセンサーを披露したのですが、従来の 1.12 μm 画素を採用した同一画素数のイメージセンサーよりも厚みは 17% も減ったとしています。

Samsung はこのほか、Smart WDR(ワイドレンジダイナミックレンジ補正)という異なる露出で撮影した写真を合成して明るさを高め、色合いを最適化する技術や、比較的フォーカス速度の速い像面位相差 AF(PDAF)も発表しました。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5