NTTドコモ、スマートフォンとIoT機器を相互につなげるプラットフォーム「Linking」を発表、ポータルサイトでAPIを公開

投稿日時 11月 25th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



NTT ドコモは 11 月 25 日、スマートフォンと IoT 機器を相互に接続して、様々な連携機能を実現できるようにするプラットフォーム「Linking(リンクング)」を開発し、本日より専用のポータルサイトその API を公開しました。


Linking は、Bluetooth Low Energy を利用してスマートフォンとモノを繋げるソフトウェアプラットフォームです。公開された API を利用して開発された対応アプリや対応デバイスを接続し、連携できるようにします。

Linking を利用すると、Bluetooth キーファインダーといった置き忘れ防止デバイスを開発できるほか、LED を内蔵した Linking 対応デバイスを傘立て付近に置いておくと、ユーザーが外出するために近づくと天気情報を取得して雨天になりそうだったら光って知らせるといった機能を実現できるそうです。

NTT ドコモは 2016 年 1 月より、「iコンシェル」などのドコモサービスと Linking 対応デバイスを繋げるエンドユーザー向け管理アプリをリリースする予定です。

このアプリは、Linking 対応デバイスと Linking 対応アプリをどのように連携させるのかを決めたり、連携させた情報を一元管理できるツールとなっています。

発表時点の対応アプリは、「i コンシェル」「スケジュール & メモ」「ドコモメール」「i チャネル」で、対応デバイスは 2016 年 1 月に Braveridge 社より「Tomoru」が発売されます。

Linking ポータルサイト
https://linkingiot.com


Source : NTT ドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5