BlackBerry Privの物理キーボードのレビュー、英数・かなの切り替えに適したアプリも紹介

投稿日時 12月 26th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。




BlackBerry Priv にはスライド型の物理キーボードが搭載されています。現在は海外でしか販売されていないので、日本語も入力できるのか?と疑問に思う方は多いと思いますが、結論を先に言うと、もちろん可能です(ただし、キーボードアプリの変更が必要)。

物理キーボードは QWERTY 配列を採用しており、キーの形状や文字の割当も従来の BB 端末とほぼ同じです。



文字入力システムとしては、「BlackBerry キーボード」がプリインストールされていますが、残念ながら、現行バージョンは日本語に対応していません。



そのため、日本語を入力するには「Google 日本語入力」などの対応アプリを追加する必要あります。しかし、「英数」と「かな」の切り換えやすさが重要です。

Google 日本語入力は物理キーボードでも文字を入力できますが、「Shift」+「スペース」での切り換えができません。苦肉の策として、キーボード選択画面の「物理キーボードを使用できる場合でもソフトウェアキーボードを表示」を ON にしておき、ソフトウェアキーボードで切り換えます。




物理キーボードを使うのにソフトウェアキーボードを表示するのはスマートではありません。これを解消する場合には「Wnn Keyboard Lab」を利用します。このアプリは日本語対応のほか、Google 日本語入力ではできなかった「Shift」+「スペース」での切り換えが可能となっており、今のところ、日本語の入力環境を綺麗な形で実現できます。



Priv には物理キーボードで文字を入力することのほか、BB 端末のようにキー上の数字を押して電話番号を入力することもできます。



また、こちらの記事でも紹介していましたが、キーボードのスワイプでスクロールすることもできます。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found