CES 2011:米Verizonの「Galaxy Tab」がLTEに対応、1.2GHz CPU、5MPカメラなどスペックアップ(更新)

投稿日時 1月 7th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , , , ,
コメントは受け付けていません。



1月6日、米Verizon Wirelessは現在米国ラスベガスで開催中のCES 2011にて、Samaung製「Galaxy Tab」をLTEに対応させ、さらにスペックアップさせたバージョンを発表しました。

Verizno向けLTE対応Galaxy Tabには、1.2GHz Hummingbirdプロセッサが搭載されています。我々が手にしているGalaxy Tabには1GHzのものが搭載されています。また、フロント1.3MP/リア5MPカメラとアップグレードされていますね。(現行のはフロント0.3MP1.3MP、リア3MP3.2MP)。

ここまでくるとAndroid 3.0(Honeycomb)搭載か?と期待してしまいますが、OSはAndroid 2.2(Froyo)です。Android 2.3(Gingerbread)でもありません。

Verizonは数日前からGalaxy Tabの値下げを行っており現在は$499で販売されています。新しいGalaxy Tabは$600で販売されると言われています。

  • OS:Android 2.2(Froyo)
  • サイズ:190(H)×120(W)× 11.98mm(D)
  • 重さ:380g
  • ディスプレイサイズ:7インチ、解像度1,024×600
  • ディスプレイ:Super TFT 液晶ディスプレイ
  • チップセット:Hummingbird 1.2GHz
  • メモリ:512 MB
  • ストレージ:16GB
  • マイクロSD:32GBまで対応
  • リアカメラ:5MP、LEDフラッシュ、720p HD
  • フロントカメラ:1.3MP
  • 対応周波数:
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0
  • 外部端子類:マイクロUSB、3.5mmオーディオジャック、30pinドックコネクタ、SIMカード、マイクロSDカードスロット、マイク、スピーカー
  • センサー類:ジャイロセンサー、Gセンサー、デジタルコンパス、ライトセンサー、A-GPS
  • バッテリー:4,000mAh
  • 機能など:DLNA、Wi-Fiホットスポット機能(LTE対応)
  • ソフトウェア:Flash Player 10.1、Samsung Social Hub・Media Hub、4G Mobile HotSpot、Skype Mobile With Video
  • カラー:
Source : Verizon

更新1:仕様を一部直しました。

更新2:現行のGalaxy Tabのカメラ画素数を修正しました。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5