Snapdragonを搭載したAndroidデバイスでrootアクセスを許す脆弱性が報告される

投稿日時 3月 19th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。





米トレンドマイクロが Qualcomm の Snapdragon プロセッサを搭載した Android デバイスにおいて、不正アプリによる root アクセスを許してしまう脆弱性の情報を紹介していました。


トレンドマイクロが 3 月 8 日付けで紹介した Android の脆弱性は、CVE-2016-0805 と CVE-2016-0819 のことです。Google の発表によると、CVE-2016-0805 は 2 月の月例パッチで対策されており、CVE-2016-0819 ついても 3 月の月例パッチで対策されています。

どちらの問題も Nexus デバイスでは対策されており、Android のソースコードにもパッチが適用されているのですが、Google が対策したのは Android 4.4.4 以上のバージョンに限られており、これよりも古い端末は未対策。古い OS バージョンはこのまま放置される可能性が高いことから、可能な場合には最新機種への変更が推奨されます。

Source : トレンドマイクロ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5