Niantic、Pokémon Go内の広告サービス「Sponsored Locations」の提供を検討

投稿日時 7月 15th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Pokémon Go の開発陣は、本作品で登場するポケストップやジムなどのリアルなロケーションに設置される仮想的なスポットを利用して収益を上げる広告サービス「Sponsored Locations」を提供する計画だと Financial Times が報じました。


ポケストップやジムはランドマークや名所などの実際の場所に設置されますが、企業がお金を払って特定の場所にこれらのスポットを配置できるようにするのが Sponsored Locations です。Ingress でも行われている企業とのタイアップと似ています。

Niantic の CEO である John Hanke 氏は、FT からのインタビューで Sponsored Locations は現行のアイテム課金に続く第二の収益化モデルとして実用化を検討していると明らかにしました。


Source : FT

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5