Apple、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を正式発表

投稿日時 9月 8th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。




米 Apple は 9 月 7 日(米国時間)、一年ぶりの iPhone の新モデルとなる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を正式に発表しました。国内では 9 月 9 日に予約が始まり、9 月 16 日に発売されます。


iPhone 7 / 7 Plus は iPhone 6s / 6s Plus の後継ということで、2 年ぶりにフルモデルチェンジしています。筐体のデザインは 2 年サイクルのリニューアルが実施され、カラバリには新しいブラックとジェットブラックが追加。ディスプレイやプロセッサ、カメラ、オーディオなど、主要機能はいずれも改良されています。

iPhone 7 / 7 Plus は 4.7 インチ / 5.5 インチの Retina HD(IPS 液晶)を継続して採用していますが、液晶の色域が拡大し色の再現性が向上。輝度は 500nits から 625nits に引き上げられ、屋外でも見やすくなりました。

ボディのデザインは新しくなり、iPhone シリーズで初めて防水・防塵(IP67)に対応しましたが、筐体のサイズはどちらも iPhone 7 / 7 Plus と全く同じで、質量は、iPhone 7 で 5g、iPhone 7 Plus で 4g 軽くなりました。カラバリはどちらも、ジェットブラック、ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの 5 色です(ブラックはマット仕上げ、ジェットブラックは光沢仕上げ)。また、ホームボタンはバイブレーション機能付きのタッチセンサー式に刷新され、機能をカスタマイズすることも可能になりました。




内部スペックを見ていくと、プロセッサは Apple A10 に刷新され、従来比で処理性能は 2 倍向上したと言われています。ストレージは 32GB / 128GB / 256GB の 3 タイプで展開されます。さらに、従来の NFC のほかに FeliCa に対応し、Apple Pay で Suica の利用が可能になりました。

リアカメラは、イメージセンサーが新しい 1,200 万画素に刷新されたほか、レンズは 6 層式の F/1.8 と明るくなりました。また、光学手ブレ補正をサポートし、True Tone フラッシュはクアッド LED へと強化されています。

iPhone 7 Plus の場合、リアカメラは 1,200 万画素のデュアル仕様となりました。F/2.8 の望遠レンズを持つ 1,200 万画素カメラとの間で撮影するカメラを切り換えることや 2 倍の光学ズームが可能になりました。

フロントカメラはどちらも 700 万画素に刷新され、動画の記録サイズが 1080p に向上し、新たに Live Photos の撮影が可能になりました。

オーディオ機能では、内蔵スピーカーが一つ追加されてステレオサウンドを体感できるようになり、音量も向上しています。また、従来の 3.5mm オーディオジャックが廃止となり、付属のイヤホンは Lightning コネクタに変わりました。

通信機能では、LTE カテゴリ 12 に対応し、最大の下り速度が 300Mbps → 450Mbps に向上。ほかにも、Wi-Fi a/b/g/n/ac(MIMO 対応)や Bluetooth v4.2 に対応しています。

Source : Apple

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5