オープンなWi-FiスポットにGoogle VPNで接続する「Wi-Fiアシスタント」を強引に有効にする方法

投稿日時 9月 8th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Google が米国を含む海外の Nexus ユーザーに提供している「Wi-Fi アシスタント」を強引に有効にする方法を紹介します。

「Wi-Fi アシスタント」は、街中のオープンな Wi-Fi スポットに Google VPN を利用して自動接続する機能です。従来は Project Fi 対応の Nexus ユーザー限定の機能でしたが、最近になって Nexus であれば利用できるようになりました(日本では未提供)。




この機能は「Google 接続サービス」アプリの中で提供されており、アプリを最新版にアップデートした後に Nova Launcher のアクティビティショートカットを利用してホーム画面に「Google 接続サービス」→「Wi-Fi アシスタント」のショートカットを配置すると有効にできます。

VPN を利用するのでセキュリティ的に不安なオープン Wi-Fi での通信が自動的に暗号化されるようになり、ステータスバーには鍵のアイコンが表示されます。ただ、実際にオープンな Wi-Fi スポットを作り、Nexus 6P(Android 7.0)で確かめてみましたが、どうも機能しませんでした。

Source : Reddit

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5