新しく交換されたGalaxy Note 7が米サウスウエスト航空の旅客機内で発煙し、緊急避難する事故が発生

投稿日時 10月 6th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。




新しく交換された Galaxy Note 7 と推定される端末が米サウスウエスト航空の旅客機内で離陸前に発火し、乗客が緊急避難するという事故が発生しました。


USA Today などの米メディアによると、今回の事故は現地時間 5 日午前、米ケンタッキー州ルイビル国際空港を出発し、メリーランド州ボルティモアに向かう予定だったサウスウエスト航空 994 便で発生しました。

離陸する 10 分前となる午前 9 時20 分頃、搭乗口に待機していた航空機の機内で発煙していることを認識し、乗務員が乗客に外に避難するよう指示したという。乗客 75人は航空機の外に脱出し、怪我人は出なかったとされています。

ルイビル空港の火災調査当局は、今回の事故の原因を過熱された Samsung 製スマートフォンであることを明らかにし、サウスウエスト航空も Samsung 製品と見られる乗客の端末から煙が出ていたことを NBC を通じて明らかにしました。

機種名は公表されていませんが、この事故の当事者と名乗る Brian Green 氏は The Verge からのインタビューに応じ、発火したのは同氏が 9 月 21 日に AT&T で新しく交換した安全とされる Galaxy Note 7 だったことが判明しました。

現在、国内外の旅客機内では Galaxy Note 7 の使用を控えるアナウンスが必ず流れますが、同氏はその呼びかけに応じて Galaxy Note 7 の電源を切り搭乗したという。電源を切ってポケットに入れた途端に過熱して煙が出たとされています。

Source : The Verge

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5