Xperia XZでLDACを利用した高音質ワイヤレスリスニングを楽しむ

投稿日時 10月 20th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。




Sony Mobile より発売された最新フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ」で Sony の LDAC を利用した高音質なワイヤレスリスニングを実践する方法を紹介します。


LDAC は Bluetooth A2DP プロファイルを使ってオーディオをワイヤレス転送する際に使用されるコーデックの一種です。1 秒あたりに転送できる情報量が Bluetooth オーディオでは定番の ACC や SBC よりも多い 990Kbps なので、従来のワイヤレスオーディオ機器よりも高い品質で音楽を視聴できます。

LDAC は 96KHz / 24bit のハイレゾ音源ならダウンコンバートすることなく転送されるので、このサンプリング周波数と量子化ビットの音源には最適。レーベルゲートが mora で配信しているハイレゾ音源はこのフォーマットが主流なので、mora の音源は LDAC 向きと言えます。

Xperia XZ における LDAC の利用方法は Xperia Z3+ ~ Z5 や Xperia X と基本同じです。LDAC 対応のヘッドホンやスピーカーが必要になります。これをスマートフォンとペアリングするだけで、LDAC での転送が可能になります。




あとは Xperia XZ にプリインストールされている「ミュージック」などの音楽アプリを用いて再生するだけ。96KHz / 24bit や 192Khz / 24bit などのハイレゾ音源の場合、アプリの曲名やアルバムアート上に「HR」マークが表示されるので、それがハイレゾ音源を見分ける目印になります。




LDAC の導入当初は 3 段階の転送レート(330Kbps / 660Kbps / 990Kbps)から選択できましたが、Xperia X 以降の機種では「音質優先」(990Kbps)と「自動」(ネットワークの状況に応じてビットレートを自動変更)から選択する方式に変わっています。

音質優先だと 990bps で転送しますが、Wi-Fi 電波や他の Bluetooth 機器との干渉や通信距離などの影響で途切れることも出てきます。その場合は自動に切り替えると途切れにくくなります。自宅なら音質優先でも途切れることはないでしょう。乗り物や人混みの中だと干渉しやすくなるので自動がおすすめです。


関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5