Google、Android StudioにおけるEclipse向けAndroid Developer Toolsのサポートと開発を終了

投稿日時 11月 6th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




Google は 11 月 2 日、Android Studio 2.2 のリリースに合わせて Android Developer Tools(ADT)の Eclipse プラグインのサポートと開発を終了したと発表しました。

ADT は Eclipse での Android アプリの開発を可能にする Google 提供の開発ツールで、2014 年に Android Studio がリリースされるまで PC における Android アプリの開発には Eclipse が広く利用されてきました。

ADT の Eclipse プラグインは 2015 年末の時点でサポートが終了しています。サポートの終了が発表された 2015 年 6 月の時点で Android Studio への移行はかなり進んでいましたが、Google は今回の発表で改めて Android Studio への移行を呼びかけています。

サポート終了後も ADT は機能しますが、開発は終了しているので、Eclipse では今後リリースされる Android の新機能を取り込むことができなくなります。

既存の Eclipse プロジェクトは Android Studio にインポートすることも可能なので、アプリを今後もメンテナンスしていくには Android Studio への移行が必要になってきます。




Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5