MWC 2011:HTC、Wildfire後継「Wildfire S」を正式発表、解像度HVGA(480×320)、600MHz CPU、512MB RAM搭載(仕様追加)

投稿日時 2月 15th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, MWC 2011
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



HTCは2月15日、スペイン・バルセロナで開催中のMWC 2011にて、Wildfireの後継「Wildfire S」を正式発表しました。

Wildfire SはHTC 2011年の低価格・普及モデルといった位置づけの端末。ディスプレイサイズはWildfireと同じく3.2インチですが、解像度がQVGA(320×280)→HVGA(480×320)へとアップ、また、SoCがMSM7201 528MHz→MSM7227 600MHz、RAMが384MB→512 MBへと性能に関わるパーツがアップデートされています。カメラは5MP(フラッシュ付)。



Wildfire SはAndroid 2.4(Gingerbread)を搭載し、2011年Q2頃欧州およびアジアにて発売される見込み。カラーは三種類用意されています。

  • OS:Android 2.4(Gingerbread)、HTC Sense
  • サイズ:101.3(H)×59.4(W)×12.4(D)mm
  • 重さ:約105g
  • ディスプレイサイズ:3.2インチ、HVGA(480×320)
  • ディスプレイ:TFT LCD、
  • チップセット:Qualcomm MSM7227 600MHz
  • メモリ:512MB
  • ストレージ:512MB
  • マイクロSD:32GBまで対応
  • リアカメラ:5MP、LEDフラッシュ、480p
  • フロントカメラ:なし
  • 対応周波数:GSM/EDGE(850/900/1800/1900)、WCDMA(900/2100) HSDPA 7.2Mbps、HSUPA 5.76Mbps
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0
  • 外部端子類:マイクロUSB、3.5mmオーディオジャック
  • センサー類:Gセンサー、デジタルコンパス、近接センサー、ライトセンサー、A-GPS
  • バッテリー:1,230mAh、連続待受570時間(WCDMA)、連続通話350分
Source : HTCPocket-Lint

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found