MWC 2011:Huawei、低価格なGingerbread端末「IDEOS X3」、低価格な7インチAndroidタブレット「IDEOS S7 Slim」を発表

投稿日時 2月 16th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, MWC 2011
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



MWC 2011直前にHuaweiがTiwtterに投稿してチラ見せしていたAndroidスマートフォン「IDEOS X3」、そしてタブレット「IDEOS S7 Slimが正式発表されました。

IDEOS X3は国内だとソフトバンクが「004HW」として販売する予定の端末で、その国際版ということになります。3.2インチHVGA(480×320)ディスプレイに厚さ約11.2mmと薄く、丸みを帯びた手に馴染むデザイン。重量約120gと軽く3.2MPカメラ、Qualcomm MSM7227 600MHzといったエントリー向けな端末。HOTA(HandSet OTA Update)によりOSバージョンアップも簡単に行う機能にも対応。

ソフトバンクが2011年春に発売するのを皮切りに、世界展開される予定、OSはAndroid 2.3(Ginerbread)になるとのこと。価格は$200以下

IDEOS S7 Slimは、Huaweiが昨年発売したIDEOS S7のアップグレードバージョンで、厚さ15.5mmから12.5mmと薄くなり、タッチスクリーンが静電容量式に変わり、また、OSがAndroid 2.2へとバージョンアップされています。また、720p HD画質の動画再生、HiFi なオーディオプレイヤーによる現職に近い音楽の再生に対応。また3G、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRにも対応。



発売時期は2011年4月、価格は$300以下。

Source : Huawei Device

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5