Sony、DRAM搭載のスマートフォン用積層型イメージセンサーを発表、スーパースローモーション撮影が可能に

投稿日時 2月 7th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




ソニーとソニーセミコンダクタは 2 月 7 日、従来の積層型 CMOS イメージセンサーを強化し、さらに、DRAM を追加したことで画像データの高速な読み出しを可能にしたスマートフォン用の新型 CMOS イメージセンサーを発表しました。

従来の積層型 CMOS イメージセンサーは撮像素子と信号処理回路を積み重ねた構造でしたが、新開発のイメージセンサーにはデジタル処理した画像データを一旦保存する DRAM を追加し、信号処理回路の性能も 2 倍に強化したことで、高速なデータ読み出しを可能にしています。

これにより、1,930 万画素の静止画を従来比 4 倍の 120 分の 1 で読み出すことが可能になり、動きのある被写体のブレを軽減するほか、フル HD @ 1,000fps で再生するスーパースローモーション動画の撮影も可能になりました。

イメージセンサーの画素数は 2,120 万画素(1.22μm)となっており、4K @ 60fps での撮影も可能になっています。

まずは、次世代 Xperia に搭載される可能性が高そうです。

Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5