ASUS ZenFone 3のAndroid 7.0 Nougatにおける変更点を紹介

投稿日時 3月 12th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。




今週になって本格的に始まった ASUS ZeonFone 3 の Android 7.0 Nougat アップデート。現時点でアップデートは海外モデルにしか配信されていませんが、手元の ZE552KL には降ってきたので、Android 6.0 Marwshmallow との違いを紹介します。

ZE552KL は 5.5 インチディスプレイを搭載した ZenFone 3 のスタンダードモデルです。国内では発売されていませんが、ファームウェアの中身は国内でも発売された ZE520KL と共通です。そのため、ZE552KL と ZE520KL のアップデートはいつも同じタイミングで行われます。

Android 7.0 そのものの変更点はこちらの記事で紹介しましたので、本記事では、それ以外の部分で気づいた点を中心に紹介します。

デフォルトのテーマが刷新。Marshmallow 時代は全体の背景に白を採用していましたが、Nougat では透明または黒に変更され、全体的な印象が変わっています。




ロック画面や通知パネルを見るとそれは明らかです。この変更により、アイコンなどに表示されるテキストが見やすくなりました。また、通知パネルを見ると、クイック設定ツールの先頭 6 個のスイッチが表示されるようになりました。




通知パネルを引き下げると現れるクイック設定ツールは、ドラッグ・アンド・ドロップで入れ替えや並べ替えが行えるようになり、「マルチウィンドウ」や「ブルーライトカットフィルター」、「データセーバー」のスイッチが新たに追加されています。




アプリ起動履歴画面の下部に表示されるアイコンは「全アプリ終了」だけになりました。




Nougat 仕様に準拠するために設定メニューには「通知」が設けられ、Nougat で対応した通知のバンドル表示(同一アプリの通知をまとめて表示)の OFF が可能です。




ロック画面の設定項目に、ステータスバーを非表示にするオプションとスライドページをスキップ(指紋認証が有効の場合はダイレクトにパターンまたは PIN 入力画面を表示)するオプションが追加されました。




AudioWizard が設定メニュー内に組み込まれました。




設定メニューのレイアウトやデザインは Marshmallow 時代からほとんど変わっていませんが Nougat で設定メニューにスライド型のメニューが追加され、項目をジャンプできるようになりました。




このほか、ZenMotion のモーションジェスチャーから「ふるふる(2 回ひねってスクショ撮影)」が削除(非対応のため)。

また、こちらの記事でも紹介しましたが、マルチウィンドウモードへの対応によって、マルチタスクボタンでスクリーンショットを撮影する設定が有効になっていると、マルチウィンドウモードの有効 / 無効機能は非アクティブになります。

今後、新たに気づいた変更点を発見し次第、情報を追加していきます。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5