KDDI研究所、スマートフォンを探索し自動で充電する自律走行ロボット「充電ロボ」を開発、3月24~26日まで展示

投稿日時 3月 16th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




KDDI 研究所は 3 月 16 日、デスク上のスマートフォンを探索・接近し、自動的に充電するロボット「充電ロボ」のプロトタイプを開発したと発表しました。


「充電ロボ」は、Raspberry Pi Zero のマイコンボードを搭載した自律走行ロボットで、本体に搭載したカメラと距離計測用センサーを駆使して障害物を避け、スマートフォンの USB ポートを探し接近して充電します。

それだけではなく、充電完了後は USB ポートとの接続を解除し、お掃除ロボットのように充電ロボ用の充電ステーションに帰還。本体のバッテリーを充電します。

仕事で忙しい時にはスマートフォンを充電することすら忘れてしまい、スマートフォンをいざ使おうとするとバッテリー切れとなっていることがあります。そうなることを防止できるので充電ロボは便利だと思いますが、急速充電やモバイルバッテリーが普及している現代において、充電を忘れた時のめに高額なロボットが必要だとは思えません。勝手に充電してくれること自体は良いアイデアだと思います。

なお、充電ロボは Google 主催のアイデアコンペ「Android Experiments OBJECT」の特別賞を受賞した作品で、3 月 24 日 ~ 26 日まで二子玉川の蔦谷家電 2 階の展示イベント「Android Experiments OBJECT」で展示されます。

Source : KDDI 研究所

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5