Nokia 6グローバルモデルのファームウェア仕様を紹介

投稿日時 3月 17th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。





HMD Global 初の Nokia スマートフォン「Nokia 6(グローバルモデル)」の中身を紹介します。


Nokia 6 は Android 7.0 をベースにしたファームウェアを搭載していますが、その中身は基本的に標準仕様に近い Android で、Nexus / Pixel に近いとも言えます。シンプルな Android がお好きな方には好まれる内容です。




一部は独自のカスタマイズが施されています。具体的には、システムアプリのアイコンと UI のカラーリング、壁紙、各種オーディオ、カメラアプリ、Motion 機能です。これ以外は標準の Android と同じです。

ホームアプリは「Launcher3」の外観をカスタマイズしたものです。スワイプアップでアプリドロワーが表示されます。






他のシステム UI はほぼ素の Android と言った感じで、ロケールを強制的に日本語に変更しても、大部分が日本語表示に切り替わります。



グローバルモデルなので、Google Play ストアや Google アプリに対応しています。




標準アプリのアイコンは Nokia 仕様に刷新されていますが、中身は AOSP 版と同じです。




一番変わっていると言えるのはカメラアプリです。機能自体は AOSP 版アプリと変わりませんが,シャッターボタンやモードの変更画面、パラメータの表示位置など、多くの UI がカスタマイズされています。また、Touch Up と呼ばれる撮影モードも追加されています。




設定メニューの外観は次の写真をご覧の通り Nexus / Pixel と全く同じです。




唯一カスタマイズされた部分とも言える「Motion」セクションでは、端末を伏せて着信を拒否するジェスチャー機能が組み込まれています。


関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5