Google、Androidの次期メジャーアップデート版「Android O」の新機能や変更点を公開

投稿日時 3月 22nd, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ピックアップ記事
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Google は 3 月 21 日、Android の次期メジャーアップデート版となる「Android O」の Developer Preview をリリースし、Android O における主な新機能や変更内容を明らかにしました。

Android O は、現在 Android 7.1.1 として配信されている Android Nougat のメジャーアップデート版で、今後数ヶ月間のテスト期間を経て 2017 年 Q3 中にリリースされる予定です。

バックグラウンド動作の制限。Android O では、バッテリー寿命とパフォーマンスを向上させることを目標に、アプリのブロードキャスト、バックグラウンドサービス、場所の 3 項目においてバックグラウンドでのアプリの動作を自動的に制限することが可能になりました。

通知チャネル。Android O では、「通知チャネル」と呼ばれる通話のカテゴリ別の表示システムが導入され、ユーザーがアプリで定義されたカテゴリを使用して通知を分類管理することができます。例えば、アプリの開発者はチャットアプリ内のグループごとに個別の通知チャネルを作成でき、ユーザーはグループ毎に通知を管理することが可能です。また、通知チャンネルごとに優先度を設定したり、通知のスヌーズも可能です。

Autofill API の導入。ユーザーはキーボードアプリを選択するのと同じ方法でパスワードを自動入力するアプリを選択することができます。

スマートフォンやタブレットでピクチャー・イン・ピクチャーのサポート。動画などを小さな枠で表示し視聴しながら他のアプリを操作することが可能になりました。

新しいウィンドウ機能。システムアラートウィンドウの代わりに新しいオーバーレイ型のウィンドウでアプリを利用することや、リモートディスプレイ上にアプリのアクティビティを実行するためのマルチディスプレイシステムがサポートされました。

フォントを XML 定義。XML レイアウトでフォントを使用できるようになり、フォントファミリーを XML で定義することで、アプリにおいてフォントファイルと一緒にフォントのスタイルを宣言することができます。

アダプティブアイコン。一つのアプリアイコンで様々な形状のアイコンを表示することができるようになりました。例えば、あるデバイスではサークル型、別の機種ではスクウェア型のアイコンデザインを再現することができます。

広色域プロファイルのサポート。広い色域をサポートしているディスプレイを搭載したデバイスにおいて、広い色域の画像を表示することが可能になりました。

Android O では Sony の Bluetooth コーデック「LDAC」 と Qualcomm の Bluetooth コーデック「aptX」のほか、「Wi-Fi Aware」といった新しい無線機能をサポートしました。

また、物理キーボードでの操作性を向上するために、キーボードの矢印やタブを利用したアプリのナビゲーションを強化しています。

さらに、キャリアのフレームワークにサードパーティの電話アプリを統合できるようにする拡張、アプリにおいて高性能で低遅延のオーディオ再生が可能になる新しい API「AAudio API」もサポートしました。

このほか、Android O はいくつかの新しい Java 8 APIをサポートしたほか、Android のランタイムはこれまで以上に高速にアプリを実行できるようになり、一部のアプリベンチマークでは従来比最大 2 倍の改善を見られたとされています。

アクセシビリティ機能では、指紋リーダーを利用したジェスチャーに対応し、アクセシビリティサービスにおいてスワイプジェスチャーなどの代替入力に対応させることが可能になりました。

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5