Android Oの新機能 : マルチウィンドウモードにアプリを最小化する仕組みが導入

投稿日時 3月 25th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



Android の次期メジャーアップデート版「Android O」において、Android Nougat で最初に導入されたマルチウィンドウ機能の挙動に変更が見られました。

Android でのマルチウィンドウ機能は上下または左右に分割された画面に 2 つのアプリを表示するというもので、マルチタスクボタンを長押しすることで ON / OFF を切り替えることができます。




Android Nougat の実装ではマルチウィンドウモード中にホームボタンを押すとホーム画面が表示されますが、Android O の場合は上の部分に表示されていたアプリが小さな幅で表示され、その他の部分にホーム画面が表示されるようになっています。




つまり、上側に表示したアプリはマルチウィンドウモード中には常に表示されることになります。ここで通知をタップすると該当アプリが下側の画面に表示され、マルチウィンドウモードの仕切りバーが中間に移動します。

なぜこのように細く枠を表示する方式に変更したのでしょうか。考えられるのは、上側の枠を 4×1 ウィジェットのように利用することを想定したことです。現時点では細い枠に最適化したアプリが見つからないので例を示すことはできませんが・・・。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5