Android Oの新機能 : クイック設定パネルにバッテリーセーバーが追加

投稿日時 3月 26th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。




Android の次期メジャーアップデート版「Android O」でクイック設定パネルに新ツール「バッテリーセーバー」が追加されました。


通知パネルをさらに引き下げると Wi-Fi や Bluetooth など、スマートフォンの機能を直接 ON / OFF できるクイックっ設定パネルが表示されます。Android O になってこの部分にいくつかの変更が見られ、その中でも「バッテリーセーバー」のトグルスイッチが追加されていたのです。

このタイルをタップすると、Android 標準の節電機能「バッテリーセーバー」の ON / OFF を行うことができ、長タップすると「電池」メニューを表示することができます。

実際のところ、「バッテリーセーバー」は従来の「電池」というツール名で実装されていますが、Android Nougat までの「電池」とは異なり、バッテリー残量や使用履歴を表示するものではありません。

これ以外の変更点としては、Wi-Fi と Bluetooth タイルの挙動が変更になった点も見逃せません。従来はタイルをタップすると接続先のリストが表示されるだけでしたが、Android O になってアイコン部分のタップで機能の ON / OFF が可能になり、以前の接続先リストはテキスト部分をタップすると表示される仕組みに変わりました。


関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5