「Huawei P10」の製品箱は観音開きタイプ。同梱カバーはフィット感良好の薄型ハードカバーに

投稿日時 4月 5th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。




Huawei 製スマートフォンの魅力の一つは製品パッケージの豪華さだと思います。先日入手した Huawei の新フラッグシップ「Huawei P10」もなかなかの豪華ぶりで好印象でした。

他モデルのパッケージ内容はあまり把握していませんが、Huawei の P シリーズに限って言えば少なくとも P7 から上質な素材を製品箱で使用しており、スマートフォンカバーが同梱するなど、内容も豪華です。カバーが付くのは Huawei P6 からのことですが、もちろん Huawei P10 にも純正の薄型カバーが同梱していました。




それよりも驚いたのは製品箱の構造です。Huawei P10 の製品箱の形状は一般的なスマートフォンと同じ縦長タイプなのですが、蓋が箱と一体化しており、観音開きの開け方に変わっていました。最初、どうやって開けるのか迷いましたね。




Huawei P10 の中身については、カバー以外は平凡です。USB チャージャー、USB ケーブル、3.5mm オーディオジャックタイプの耳掛けイヤホン、SIM トレイを取り外すためのピン、取説等の書類。




Huawei P シリーズには必ず同梱しているスマートフォンカバーですが、過去モデルにはソフトタイプのカバーが同梱していましたが、Huawei P10 のカバーはクリアタイプで超薄型ハードケースでした。純正品ということで、本体によくフィットし、何よりも薄型なので、装着しても Huaewi P10 が持ちづらくなることがありませんでした。おそらく、フィット感では市販ケースより優れていると思います。






関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5