消費者庁、Freetel SIMの「SIM販売シェアNo.1」「業界最速」「LINEのデータ通信料無料」の表記で是正を指示

投稿日時 4月 23rd, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。





“格安 SIM” の販売合戦・シェア争いが日々激しさをましている中、消費者庁は格安 SIM を販売する事業者の公式サイトの表示内容において今回初めて「景品表示法」を抵触するおそれのある部分を是正するよう求める措置命令を実施しました。

同庁は 4 月 21 日、プラスワン・マーケティングに対し、景品表示法第 7 条第 1 項の規定に基づく措置命令を実施
したことを発表しました。

プラスワンが是正の指示を受けたのは公式サイトにおける一部の表記内容です。具体的には、「SIM 販売シェアに No.1」「業界最速」「LINE のデータ通信料無料」といった部分に問題がありました。

「SIM 販売シェアに No.1」の表記については、単なるヨドバシカメラの販売実績にすぎないことだったにも関わらず、あたかも、どの販売チャンネルにおいても No1 であるかのような印象を与える内容だったことが問題とされていました。

「業界最速」については、対象データが平日昼間 12 時台の比較データに基づくものだったにも関わらず、どの時間帯でも常に Freetel SIM が最速であると誤解させる内容だったことと、同時に掲載されていた速度の比較グラフにおいて Freetel SIM が他の格安 SIM 事業者の SIM カードよりもはるかに高速だと誤解させる表現だったことが問題とされていました。

最後の「LINE のデータ通信料無料」については、対象外となる通信内容の一部を注釈に記入しなかったことを問題とされていました。

Source : 消費者庁

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5