GoogleとHTCが新たな協力協定の締結を発表、HTCの一部従業員がPixelチームに移籍

投稿日時 9月 21st, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Google と HTC は 9 月 21 日、両社の間で 11 億ドルにも及ぶ資金提供を含む新しい協力協定を締結したと発表しました。先日より報じられている HTC のスマートフォン事業を Google に売却するという話の詳細が明らかになりました。

協定の内容は、Google Pixel スマートフォンの開発に携わる HTC 従業員の Google への移籍、Google から HTC に対する現金 11 億ドルの資金提供、Google に対する HTC の知的財産権(IP)の非独占的なライセンス契約が含まれています。HTC は Google にスマートフォン事業全体を売却するのではなく、一部のリソースを売ったということになります。

両社は今回の協定について、過去 10 年間の戦略的パートナー関係の証となるだけではなく、この関係を次のステップに移行させる契機になると述べています。

Google は昨年の Pixel スマートフォンの発売から「Made by Google」のキャッチコピーの下で、自社のハードウェア、ソフトウェア、サービスを融合させた製品を展開しており、今回の協定は今後も長期にわたってハードウェア事業を継続していくために重要なものになると述べています。

Google にリソースを売った HTC は、今後もスマートフォンと VR を中心に事業を継続しつつ、IoT、拡張現実(AR)、人工知能(AI)といった次世代の技術にも積極的に投資していくと表明しています。

今回の発表の中で Google は 10 月 4 日に Pixel の第二世代モデルを発表し、HTC は HTC U11 に続く新しいフラッグシップモデルの開発に取り組んでいることを明らかにしました。

両社の取引は規制当局による承認や業務上の手続きを経て、2018 年初頭には完了する見通しです。

Source : GoogleHTC

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5