TENKYU -転球 : エポック「大迷路」を彷彿させる3Dボール転がしゲーム

投稿日時 10月 15th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ, ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。



私がまだ幼い頃、複数のパネルを組み合わせて迷路を作り、レバーを操作して小さな鉄のボールを転がして遊ぶエポック社の「大迷路」が一時ブームになっていたかと思います。それを彷彿させる 3D ボール転がしゲーム「TENKYU -転球」がリリースされました。

TENKYUU は、本ブログでも以前紹介した「RollingSphere -転球」のリニューアル版です。名前を新たにステージ数が 30 ステージまで追加されるなど内容も拡充しています。さらに、海外の人たちも遊べるようにと、英語、中国語、韓国など 5 カ国に対応しました。

TENKYU はスマートフォンの画面を傾けることで水平面上のボールを転がしてゴールまで導くというシンプルな内容のゲームです。昔の「大迷路」とはステージの作りが全然違いますが、ニュートン力学に基づくボールのリアルな動きはあの時のハラハラ感を思い出させてくれます。




TENKYU の魅力は直感的に操作できる点です。ボールは日常生活の中での球の動きと同じなので、特別な知識やトレーニングは不要。子供から大人まで誰でも気軽に遊ぶことができます。

TENKYU」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5