ZTE Axon Mが発表、折りたたみ式のデュアルスクリーン端末でタブレットとしても使用できる(動画あり)

投稿日時 10月 18th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



ZTE は 10 月 17 日、ディスプレイを展開すると対角 6.75 インチ大のタブレットとして使用できるデュアルスクリーンスマートフォン「Axon M」を正式に発表しました。

Axon M は、その独特なフォームファクターによって発表前から注目されていた機種の一つです。国内でも 2012 年に発売された Medias W のように折りたたむと普通のスマートフォンになり、ヒンジを介してディスプレイを展開するとタブレットのような形状に変わります。

ディスプレイサイズはそれぞれ 5.2 インチフル HD で、折りたたんだ状態だと一般的な 5.2 インチスマートフォンと同じように UI を表示しますが、ディスプレイユニットを展開すると、2 つの画面が見開きページのように広がります。ベゼルがけっこう細いのでヒンジ部分のベゼルはあまり目立ちません。




この手の製品で気になるのは画面モードです。添付のハンズオン動画によると、両方のディスプレイに全く同じ内容を表示するミラーリングモード、それぞれのディスプレイに異なる UI やアプリを表示するモード、両方をつなげて一つの大きなディスプレイとして使用するモードがあります。詳細はハンズオン動画で確認できます。

Axon M のスペックは昨年のフラッグシップ級といった内容で、Android 7.1.2 Nougat、Snapdragon 821 プロセッサ、4GB RAM、64GB ROM、背面に 2,000 万画素カメラ(IMS350)、3,180mAh バッテリーを搭載しています。

ZTE はまだ Axon M の価格や発売日を公表していません。製品を発表しただけとなっています。



Source : ZTE

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5