2画面折りたたみ式スマホ「M Z-01K(Axon M)」の使い方

投稿日時 10月 18th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



NTT ドコモの 2017 年冬 ~ 2018 年春向け新型スマートフォン・タブレットが本日 18 日に発表されましたが、その中でも注目なのは間違いなく 2 画面折りたたみ式スマホの「M Z-01K」でしょう。

M Z-01K は ZTE が前日 17 日に米国で発表した「Axon M」の国内版で、ドコモでは 2018 年 1 月以降に発売されます。

M Z-01K の特徴はその独特なフォームファクターです。本のように見開きで開閉する筐体にはそれぞれ 5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶を搭載しており、折りたたむと普通の 5.2 インチスマートフォンとして、開くと対角 6.75 インチ大のタブレットになります。



このようなデバイスは国内でも 2013 年に当時の NEC カシオから発売された「MEDIAS W」が存在しますが、あれから約 4 年の間にスマートフォンの技術やハードウェアは大幅に進化しています。当時の MEDIAS W とは全く違う製品になっていると思われます。

M Z-01K では画面の使い方によって、「通常モード」「ミラーモード」「2 画面モード」「大画面モード」の 4 モードを利用することができます。また、少し開いて縦置きまたは横置きにする使い方もできます。




M Z-01K で頻繁に使いそうなのは、それぞれの画面に異なるアプリを表示するマルチタスク利用です。片方の画面に動画アプリ、もう一方の画面に SNS アプリを表示すると、動画を観ながら Twitter のタイムラインを眺めることができます。

大画面モードにすると、両方の画面をつなげて一つの大きな画面として利用できます。WEB ページの閲覧には最適です。また、M Z-01K には Dolby Atmos 対応のステレオスピーカーも搭載されており 3D のサラウンドサウンドを体験できます。

ミラーモードを利用すると、両方の画面に同じアプリを表示することができ、例えば、前後または L 型に開いて縦置きすることで横に座っていると人に同じ画面を見せることができます。

2 画面モードを利用すると、片方の画面全体にキーボードを表示して PC のようにタイピングすることができます。

M Z-01K のカメラは 2,030 万画素(IMX350)の一つです。背面側に一つしか付いていませんが、自撮りする際には本体を開くとカメラが前向きになりメインカメラを使って撮影することができます。スタンドにして立てれば三脚無しで撮影することも可能です。



Source : NTT ドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5