HTC Pyramidのベンチマークスコア(Smartbench 2011)

投稿日時 3月 19th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



HTCのデュアルコアAndroidスマートフォンだと噂されている”Pyramid”が、ベンチマークアプリ「Smartbench 2011」の結果に表れていたそうです。

”Pyramid”には、第三世代SnapdragonのMSM8260が搭載されていると噂されています。MSM9260はデュアルコアCPUを搭載し、それぞれ1.2GHzで駆動します。次の図は、”Pyramid”と他のメジャーな端末とスコアを比較したグラフです。



上の青いグラフは「Productivity」という項目で、主にCPUのクロックやコア数によってスコアが変動し、下の赤いグラフは「Games」という項目で、グラフィック性能によってスコアが変動します。「Productivity」がAtrix 4GやOptimus 2Xと同じ傾向でシングルコア端末と比べて高いため、”Pyramid”にはデュアルコアCPUが搭載されていると考えられますが、1.2GHzで駆動するにも関わらずスコアはそれほど高くないようです。

「Gamesについて、MSM8260にはAdreno 205より2倍の性能だとされるAdreno 220が搭載されていますが、スコアはMSM8x55の30%ほどしか高くありません。

といっても、”Pyramid”はまだ開発中の端末でしょうから、スコア自体は参考にならないと思います。

Source : Smartphone Benchmarks Via :  Phandroid

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5