Sonyの新型「aibo」はスマートフォンとも連携

投稿日時 11月 5th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。




Sony が約 12 年ぶりに犬型ロボット「aibo」の新型「ERS-1000」を発表しました。価格は 198,000 円 + 税で、2018 年 1 月 11 日にソニーオンラインストアで発売されます。11 月 1 日に予約受付が行われ、現時点で初回分は完売しています。

新しい aibo はデザインを一新し、本体とクラウドサービスとの連動による人工知能(AI)機能を搭載したことで、ユーザーとのやり取りから自ら学習し、個性を成長させるようになりました。




これを実現するために新型 aibo には Wi-Fi または LTE でインターネットに繋がる機能が追加され、さらにスマートフォンアプリ「My aibo」を使って遊んだり、aibo に振る舞いを追加できるようになりました。

新型 aibo のデザインは、より犬らしく思わず撫で撫でしたくなるようなルックスです。頭、口、耳、首、腰、4 本の足、尻尾には合計 22 軸の新型モーターが組み込まれ、さらに犬っぽいリアルな動きを再現しています。

アプリ「Ny aibo」では、本体設定やオーナー情報の閲覧の他、aibo で撮影した写真を閲覧したり、aibo と触れ合ったり、aibo に振る舞いを追加することが可能です。振る舞いは「abio ストア」で提供されます。

aibo を利用するには本体の他に aibo ベーシックプラン(3 年 – 90,000 円または 2,980 円 / 月)への加入が必要です。aibo ベーシックプランはクラウドとの連携やインターネットへのアクセスに必要になります。

Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5