ソフトバンクC&Sとラトック、Amazon Alexaで家電を操作できるスマート家電リモコン「RS-WFIREX3」を発売

投稿日時 11月 8th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » 周辺機器・アクセサリー
コメントは受け付けていません。




ソフトバンク C&S とラトックシステムは 11 月 8 日、Amazon Alexa の日本語対応の開始を受けて、Alexa に対応したスマート家電リモコン「RS-WFIREX3」を発表し、本日より予約受付を開始しました。価格は 7,560 円(税込み)で、Amazon.co.jp や⼀部のソフトバンクショップ、SoftBank SELECTION オンラインショップ、⼤⼿家電量販店で販売されます。

RS-WFIREX3 は Amazon Alexa をコアとして備えるスマートスピーカー「Amazon Echo」と連携し、テレビやエアコン、照明器具などの IoT 機器やスマート家電を Alexa の音声コマンドを使って操作できるガジェットです。

Alexa は Google アシスタントのような AI ベースのアシスタント機能のことで、音声コマンドを使ってアプリやサービス、機器を操作することができます。

Alexa の機能は外部に公開されているので、各社が Alexa に対応したアプリやデバイスを提供することができます。RS-WFIREX3 もその一つです。

Alexa に対応した大手企業による外部サービス・デバイスとしては次のものが挙げられます。

■ ぐるなびが飲食店情報の Alexa 対応を開始
■ ウェザーニューズが気象情報を Alexa を使って取得する機能の提供を開始
■ カブドットコム証券が Alexa に対応した「カブコム for Alexa」の提供を開始
■ 関西電力が Alexa や Echo に対応した「はぴeみる電」のサービスを開始
■ みずほ銀行が「みずほダイレクトアプリ」で Alexa に対応開始
■ じぶん銀行が Alexa 対応した「じぶん銀行スキル」の提供を開始
■ ALSOK が Alexa に対応した「ALSOK あんしん英会話」を提供開始
■ JAL が Alexa に対応した音声体験サービスを開始
■ ANA が Alexa を通じて運航状況を確認できる新サービスを開始
■ ハーマンインターナショナルが Alexa に対応した「Harman Kardon Allure」を発売
■ ロボットホームが「賃貸住宅キット」の IoT 機器を Alexa を通じて操作できるサービスを開始
■ アイロボットがルンバの Wi-Fi 対応製品で Alexa のサポートを開始
■ NTT コムウェアが「光 BOX+」で Echo 等への対応を開始
■ JTB が Alexa に対応した旅行関連サービスの提供を開始
■ 三菱 UFJ ニコスが Alexa に対応した「請求額・ポイント残高かんたん確認アプリ for Amazon Alexa」を提供開始
■ 東京電力 EP がスマートホームの「遠くても安心プラン」で Alexa への対応を開始
■ クレディセゾンが Alexa に対応した「東池袋 52」の楽曲配信スキルを提供開始
■ 博報堂 DY メディアパートナーズが「ラジオクラウド」で Alexa への対応を開始
■ 京王電鉄が Alexa で鉄道運行情報の配信や空港連絡バスの予約サービスを開始
■ MUFG が Echo に話しかけるだけで同社グループのサービスを受けることができるサービスを開始
■ エンコアードジャパンが Alexa に対応したエネルギー分析プラットフォームサービス「エネトーク」の提供を開始
■ JR 東日本が Alexa による列車運行情報の音声サービスを開始
■ 江崎グリコが Alexa に対応したスキル「教えて!ぐりこっち」の提供を開始
■ Philips が スマート LED 照明 Hue で Alexa への対応を開始
■ ヤフーが「Yahoo! ニュース / 天気・災害 / 知恵袋」で Alexa への対応を開始
■ ソースネクストの「スマート留守電」アプリが Alexa の音声コマンドに対応開始
■ 住信 SBI ネット銀行が Alexa に対応した「ネット銀行」スキルの提供を開始

なお、ラトックブランドで販売されている既存の「REX-WFIREX2」もアプリのアップデートによって Alexa に対応するようになります。

Source : ラトック

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5