スマホでも利用可能になるマイナンバーのポータルサイト「マイナポータル」がサービスを本格開始

投稿日時 11月 14th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。




本日 13 日よりマイナンバー制度の情報連携が開始し、同時にマイナンバーのポータルサイトとなる「マイナポータル」も本格的にサービスの提供を開始しました。内閣府番号制度担当室は 10 月より Google Play ストアでマイナポータルの Android アプリを提供しており、対応機種にインストールすると、それがマイナンバーカードの代わりになります。

行政間での連携によって、例えば奨学金の申請や生活保護の申請、保育所や幼稚園への入園申請など 853 の行政手続において住民票などの書類の提出が不要になります。

上記のこととは別に本格スタートした「マイナポータル」ですが、これはマイナンバーやマイナンバーカードを使って利用できるオンライン行政サービスを提供する政府運営の WEB サイトのことです。ここには国民一人ひとりのマイページが存在し、ログイン時にマイナンバーカードを使って本人確認します。一部のサービスはマイナンバーカードがあれば OK で、マイナポータルにログインすることなくサービスを受けることもできます。

マイナポータルでできることは多岐にわたりますが、現在提供が予定されているサービスは大きく分けて、

■ 住民情報のやり取り履歴の確認
■ 行政機関に記録されている個人情報の表示
■ 行政機関からのお知らせの表示
■ 子育てワンストップサービスの利用
■ 民間送達サービスによって通知される情報の表示
■ 公的決済サービス
■ 外部サービスへのログイン

です。上記のうち、マイナポータルへのログインが不要な「子育てワンストップサービス」は WEB 版と Android アプリで 10 月 7 日より利用できます。




10 月 23 日からはマイナポータルへのログインが必要な「住民情報のやり取り履歴の確認」「行政機関に記録されている個人情報の表示」「行政機関からのお知らせの表示」が WEB サイトで利用可能になっています。

Android アプリでこれらの機能が利用できるのは 11 月末の予定です。これが可能になるとスマートフォンがマイナンバーカードとしても利用できるようになります。ただ、現時点での対応機種は国内キャリアモデルを中心に 13 機種とほんのわずかです。

マイナポータルが本領を発揮するのは最後の 3 サービスが始まった時なので、それまでは行政からのお知らせや自己情報を確認したり、子育てワンストップサービスのサービス検索や電子申請を利用することに留まります。

■ マイナポータル
URL : https://myna.go.jp/

■ マイナポータル AP
URL: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.cas.mpa

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5