Google Pixel Budsは調節ループのおかげで簡単には耳から外れない

投稿日時 11月 21st, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。



Google 製 Bluetooth ヘッドセット「Pixel Bods」は他のワイヤレスイヤホン製品とは少し異なり独特なデザインを採用しています。その中でも一番目を引くのはイヤホン同士をつなぐコードです。一見するとこのコードは不要と思うかもしれませんが、実はこのコード(正確にはループした部分)は Pixel Buds の装着性を高めるのに大きく貢献しています。

Apple AirPods や Gear IconxX などのワイヤレスイヤホンにコードはありません。それぞれ独立しています。Pixel Buds も基本的にはこれらと同じタイプの製品なのですが、コードで繋がれています。




赤い線で囲ったループ部分は当初、コードの長さを調節するためのものだと誤認していましたが、実際にはイヤホン同士を繋いで失くさないようにするための役割と、ループした部分はイヤーフックとして機能します。




このループ部分は耳の周囲に引っ掛けるのではなく、耳たぶの内側に押し当てるようにして着けます。これでイヤホンが外れることを防止します。その効果は絶大で、首を振っても、逆立ちしても、走ってもイヤホンが外れることはありませんでした。もちろん程度にもよりますが・・・

また、コード全体はトレッキングシューズの靴紐のように硬いので、ループの形状が崩れることは無く、長時間使用してもその形状を維持しています。さらに言うと、イヤーフックの存在によって音が出るイヤピース部分を耳孔内に強く押し込む必要がないので、耳が痛くなることも軽減してくれます。よく考えられた製品です。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5