米AT&T、LGの3Dスマートフォン「LG Thrill 4G」を正式発表

投稿日時 3月 22nd, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



米AT&ATは3月21日、LGの3D機能を搭載したAndroidスマートフォン「LG Thrill 4G」を正式に発表しました。LGが2月のMWC 2011で発表した「Optimus 3D」をベースとした端末だと思われます。

LG Thrill 4Gは裸眼立体視にも対応した4.3インチWVGA(800×480)ディスプレイ、デュアルコア・デュアルチャネルの1GHzプロセッサー(おそらくTI OMAP 4430)、8GBの内蔵ストレージ+8GBのマイクロSDHCカード、背面に500万画素カメラを2基(デュアルLEDフラッシュ)、正面に200万画素カメラ、HDMI出力端子などを搭載。OSはAndroid 2.2(Froyo)です。また、名前に”4G”と付いており、HSPA+に対応していると思われます。

LG Thrill 4Gのデュアルカメラでは2Dでの静止画や動画はもちろん、3Dでの静止画や動画の撮影でき、端末のディスプレイで再生・視聴できます。3D対応のテレビとHDMI接続することにより、3D映像をテレビで視聴することもできます。2D動画は1080pフルHDで、3D動画は720pHDで撮影できます。また、DLNAにも対応しており、無線LAN経由で写真や動画、音楽を対応する機器上で再生することもできます。

LG Thrill 4Gには、3Dゲームや3D映像、3D写真といった3Dコンテンツにアクセスできる“LG 3D Space”と呼ばれるアプリがプリインストールされるようです。(Galapagos Squareのようなイメージ?)

発売時期の記載はありませんが、Optimus 3Dが2011年Q2中の発売なので、そのあたりの発売が予想されます。

Source : AT&T

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5