KDDI、シャープの「AQUOS R SHV39」をAndroid 8.0 Oreoにバージョンアップ

投稿日時 12月 7th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




KDDI は 12 月 5 日、シャープ製の 2017 年夏モデル「AQUOS R SHV39」の Android 8.0 Oreo アップデートを開始しました。

AQUOS R はこれまで Android 7.1 Nougat ベースのシステムでしたが、今回のメジャーアップデートによって最新の Android 8.0 Oreo に変わります。

主な変更点としては、Google が Android 8.0 に追加した新機能や様々な改良のほか、AQUOS Home の画面スワイプアップによるアプリドロワーの表示、電話・電話帳のデザインと機能の改良です。

Android Oreo の代表的な変更点は、ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)の追加、通知チャンネルや通知ドットへの対応、LDAC / aptx / aptX HD のネイティブサポート、スマートテキスト選択の追加、Autofill によるフォームデータの自動入力のサポート、設定メニューのリニューアル、Google Play Protect の公式サポート、「提供元不明アプリ」の設定方法の変更、Project Treble の導入です。

また上記のような目に見える変化の他にも、アプリのバックグラウンド動作にまつわる処理が改良され、バッテリーの消費やパフォーマンスもかなり良くなっています。詳細はこちらの記事でご確認ください。

Source : KDDI

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5