ASUSの18:9スマホ「ZenFone Max Plus(M1)」の端末レポート

投稿日時 1月 15th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



昨年末より発売国の拡大が本格的に始まり、少し前よりも購入しやすくなった ASUS の新型スマートフォン「ZenFone Max Plus(M1)」を当ブログの台湾特派員 W 氏がチェックしてきてくれました。簡単な端末レポートをお届けします。

ZenFone Max Plus はミッドレンジクラスの Android スマートフォンなのですが、今流行りのアスペクト比 18:9 ディスプレイを採用するなど、デザインが一新されています。また、Max シリーズの特徴でもある大容量バッテリーや ZenFone 4 シリーズからのデュアルカメラも搭載しているなど、かなり実用的な一台です。




ZenFone Max Plus の比較対象は 5.5 インチ画面の ZenFone 4 Max です。ZenFone Max Plus はこの機種の 18:9 ディスプレイ版とでも言えますでしょうか。




バックカバーのデザインはまさに ZenFone 4 Max にそっくり。画面サイズは 5.7 インチと大きくなっているものの、縦長ディスプレイを採用したことにより横幅はスリムでとても持ちやすかったと W 氏は述べています。




また、ZenFone Max Plus はオンスクリーンタイプのナビゲーションボタンを採用しており、画面の一部が操作ボタンになっています。タッチバイブの感触は ZenFone 3 に似たものだったとのことです。




ZenFone Max Plus は台湾ではシルバーとブラックが販売中です。現地の日本向け通販ショップ「町のお店」でも取り扱っています。3GB RAM + 32GB ROM モデルでも 34,500 円とは、そこまで高くはないようです。


Source : 町のお店

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5