SYMAからオプティカルフローセンサーを搭載したポケットドローン「SYMA Z1」が発表

投稿日時 7月 1st, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。



中華ドローンブランドの中でも結構有名な SYMA からオプティカルフローセンサーを搭載した折りたたみ式ドローン「SYMA Z1」が発表されました。

SYMA といえば、X8 Pro や X5、X25 といった Phantom デザインの入門者向けドローンで有名ですが、今回の Z1 は新シリーズの第一弾ということもあって、従来モデルには無い機体デザインを採用しています。アームを折りたためてコンパクトになる、持ち運びやすいポケットドローンです。

しかも、SYMA ドローンとしては珍しく、オプティカルフローセンサーを搭載しており、低空での飛行安定性はポジション保持機能っを持たないトイドローンより優れていると見られます。また、気圧高度計を内蔵しており、高度保持も可能です。

カメラは 720p で動画を撮影できる貧弱な仕様ですが、カメラの角度を手動で 90 度回転できるので、そこそこまともなセルフィー空撮ができそうです。

SYMA Z1 は 2.4GHz 帯の Wi-Fi 電話を使って飛ばす Wi-Fi FPV ドローンで、専用アプリSYMA Sky」をスマートフォンにインストールして操縦します。バッテリー容量は 500mAh ですが、これでも 7 分はフライトできるとされています。

Source : SYMA

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5