スマホでa-nationの生配信をDolby Atmosで視聴してみた

投稿日時 8月 26th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NTT ドコモが提供しているチャンネル番組の見放題サービス「dTV チャンネル」で 8 月 25 日に開催された a-nation 2018 の生配信が実施されました。しかも音声は Dolby Atmos のサラウンドサウンドです。私も a-nation を取材する傍ら、音楽イベントに Dolby Atmos を適用するとどんな視聴体験をもたらすのかに驚異を持ち、実際にスマホで視聴してみました。

この日の私の行動は、正午前に味の素スタジアムへ行き、dTV および dTV チャンネルのブースを見学。その後一旦、宿泊しているホテルへ戻り、生配信までスタンバイ。夕方前に再度味の素スタジアムへ行き、a-nation を満喫。こんな感じでした。

生配信の視聴に使用した端末は Dolby Atmos 対応の Huawei P20 で、回線はホテルの Wi-Fi です(あまり高速ではありませんでした)。

午後 2 時半となり、いざ視聴開始!




dTV チャンネルのアプリを起動して、a-nation 2018 の番組ページを開くとすでに配信が始まっていました。そしてまず思ったのが、「映像はめちゃくちゃ綺麗で全然途切れなくね?」 ネットの生配信の映像であっても、それはまるで DVD やブルーレイの映像をオフライン環境で視聴しているかのように鮮明で、しかも 1 時間ほど継続して視聴していましたが、この間にバッファリングが追いつかなかったり、速度が遅くて視聴しづらかったことは一瞬もありませんでした。このクオリティには驚愕です。




ホテルの中では、私に同行していた取材クルーと一緒に生配信を鑑賞していたのですが、そのクルーも dTV チャンネルの映像の鮮明さや滑らかさを絶賛していました。ちなみに、彼は光通信のプロフェッショナルなので、その人の言うことなので、私が抱いた感想はズレていないと確信しています。

一方、メインの Dolby Atmos はというと・・・、確かにサラウンド感は伝わってきたのでイベント会場をイメージするような視聴体験を得たことは確かです。しかし、映像中 の人やモノの動きに応じて音源も移動する様はさほど感じず、少し残念に思いました。

でもこれは何かでミスって問題が生じたということではなく、そもそもステージ上のアーティストにカメラを向け続けるようなライブステージ映像の配信に Dolby Atmos はさほど必要無い要素だったのでは?と思いました。Dolby Atmos の要素を重視するなら映像の見せ方そのものをもっと工夫すべきだったところ、今回の生配信はあくまでも一般的な方法で配信していたに過ぎず、映画館のようなサラウンド感はそもそも得にくいのではないかと考えています。別の見方として、スマホ向けの Dolby Atmos では十分にその効果を発揮しなかったのでは?とも考えました。




それでも結局、スマホの生配信と本当のライブとでは聞こえ方にどのような差異があるのかを確かめるべく、味の素スタジアムへ行き a-nation を満喫。そんな週末の土曜日でした。

なお、a-nation の Dolby Atmos 配信は 26 日(日)も実施されます。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5