Huawei、自撮りに強い「Mate 20 Lite」を発表

投稿日時 10月 19th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Huawei が大画面スマートフォン Mate シリーズの低価格モデル「Mate 20 Lite」を発表しました。

Mate 20 Lite は Mate 20 シリーズの中だと廉価版となりますが、上位モデルと同様にノッチ付きの FullView ディスプレイを用いたスタイリッシュなデザインで、前面にデュアルカメラを搭載しており、自撮りする時に便利な新機能も見られ、自撮りする人にとっては魅力的な一台かもしれません。ただ発売時点のファームウェアは Android 8.1 Oreo + EMUI 8.2 です。

Mate 20 Lite のディスプレイは 6.3 インチ FHD+ FullView ディスプレイ(2,340 x 1,080 ピクセル)で、現行のスマートフォンの中では大画面の機種ですが、横幅は 75.3mm と 5.5 インチ 16.9 スマホと同等サイズです。

Mate 20 Lite の一番の特徴はフロントカメラでしょう。前面には 2,400 万画素 + 200 万画素のデュアルカメラを搭載しており、ポートレートモードを使用することができます。

また、「HDR Pro」と呼ばれるフロントカメラ用の HDR 撮影機能が新たに導入され、逆光の強いシチュエションでもフォーカスが正確に当たり、顔も明るく写すことができるとされています。また、ユーザーの顔を 3D のキャラクターにする「3D Qmoji」 も追加されています。

リアカメラは 2,000 万画素 + 200 万画素という構成で、AI が 22 カテゴリ 500 パターンからシーンを検出しカメラのパラメータ設定を最適化するインテリジェントな AI カメラ機能を利用することができます。

Mate 20 Lite ではミッドレンジモデルの中で初めて AI 処理用の i7 NPU を内蔵した Kirin 710 プロセッサを搭載しており、AI タスクの処理性能が大幅に向上しています。また、CPU が 2.2GHz 駆動の Coretex-A73 x4 + 1.7GHz 駆動の Cortex-A53 x4 という構成に変わったので、全体的な性能も多くのミッドレンジモデルで使用されてきた Kirin 6xx シリーズより良いと思われます。

Mate 20 Lite のメモリは 4GB RAM + 64GB ROM で、3,750mAh バッテリー(18W 充電対応)、USB Type-C(USB 2.0)、3.5mm オーディオジャック、指紋リーダーを搭載しています。また、Wi-Fi ac や Bluetooth v4.2、NFC(一部モデルのみ)、aptX / aptX HD にも対応しています。

Mate 20 Lite にはいくつかの型番が存在しますが、そのうち SNE-LX2(シングル SIM 版)と INE-LX2(デュアル SIM 版)が WCDMA Band 6 / 19 に対応しています。

Source : Huawei

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5