Google Playストアに野良アプリの単独アップデートを通知する機能が追加

投稿日時 2月 13th, 2019 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Google Play ストアのアプリにおける比較的最近のアップデートで、Android アプリが単独でアプリをアップデートしようとした時にその旨を通知する機能が導入されました。

最近は Play ストアのポリシー改定により、Android アプリが単独でアプリをアップデートすることはありませんが、Google Play ストアで配信されていない、所謂「野良アプリ」については Play ストアのポリシーが及ばないこともあり、そうしたアプリについては勝手にアップデートされる可能性が高いといえます。

アプリが単独でアップデートを実行することの問題点は、ユーザーのプライベート情報を無断で奪取したり、ハッキングする等の「不正行為」を行う為であるのが一般的です。今回、Google Play ストアのアプリに導入された通知機能はサイドローディングでインストールしたアプリ(Google Play ストアを経由しないインストール)を対象にそのアプリが単独でアップデートを実行しようとすると発動し、ユーザーに警告を発します。一応、設定を ON にしておいた方が良いでしょう。

上のスクリーンショットに記載されている「他の提供元」というのはサイドローディングだけでなく、Amazon アプリストアといった他のアプリストア・アプリ配信サービスも含まれており、「他の提供元」で配信されているアプリと同じアプリが Play ストア上にもあって、そのアプリが単独でアップデートを実行しようとすると通知される仕組みです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5