キヤノン、新しいRFレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を9月上旬に発売

投稿日時 7月 10th, 2019 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。




キヤノンが EOS R/RP の「RF マウント」に対応したレンズとしては初となる高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を 9 月上旬に発売すると発売しました。キヤノンオンラインストアでの価格は 120,000 円 + 税ですが、他店では 10 万前後でしょう。

RF24-240mm F4-6.3 IS USM は 24mm の広角域から 240mm の望遠域までを一本でカバーする利便性の良いズームレンズです。手ブレ補正の性能は 5 段分で、AF は動画撮影時にも駆動音が気にならない程度にまで抑制されていると言われています。また、レンズの大きさは約 φ80.4 × 122.5mm、質量は 750g、フィルター径は 72mm となっています。

このレンズ、望遠があまり利かないので用途に悩むかもしれませんが、広角は風景や街角スナップなど、背景を広々と撮影したい時に役立ち、一方、望遠域は単純に被写体に寄るだけでなく、人物をやや遠目から望遠を利かせて撮影すれば、背景が圧縮されて滑らかないいボケを演出できたりします。野鳥や飛行機の撮影には向いてないと思いますが、様々な用途で活躍しそうなズームレンズです。

Source : キヤノン

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5