Insta360から小型軽量の新感覚アクションカメラ「Insta360 Go」が発表

投稿日時 9月 5th, 2019 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



360 度カメラの大手ブランド Insta3 から小型でショートムービーの共有に特化した新感覚のアクションカメラ「Insta360 Go」が発表されました。発売時期は 9 月下旬となっています。

Insta360 Go の外観は歴代 Insta360 の 360 カメラと似ているのですが、実はシングルレンズのアクションカメラなのです。カメラ本体の高さは約 5 cm、重さは 18.3g と軽量かつコンパクトで、カメラ単体で使用することはもちろん、本体にマグネットが内蔵されており、付属のマグネットストラップ、簡易クリップ、クリップパッド、吸着パッド、ピボットスタンドなどの豊富なアクセサリーにマウントするで、ウェアラブルカメラとしても、どこかに固定して定点撮影カメラとして使用できます。とても汎用性の高いアクションカメラです。GoPro 代わりに使うのも良し、自宅でペットや子供を撮影するカメラとして十分活用できると思います。



Insta360 Go は一般的なビデオカメラとは異なり、基本的には 15 秒または 30 秒のショートムービー(充電中は最長 60 分撮影可能)を撮影して SNS 等で共有したり、アプリ上でムービーを作成して作品にするといった使い方をします。撮影時のビデオ解像度は 3,040 x 3,040 ピクセルですが、アプリ上でエクスポートすると 1080p に下げられます。フレームレートは最大 25fps なので、30fps や 60fps の動画と比べたら映像は滑らかではありません。しかし、Insta360 Go は 6 軸 EIS「FlowState」に対応しているので、ブレが殆どない安定した映像を撮影できます。

Insta360 Go の面白い点はポケットにもすっぽり収まる充電ケースが同梱することです。撮影でバッテリーが減ってきたら充電ケースに収納すれば充電できますし、そのままスマホと USB 接続すれば撮影データをスマホに転送することができます。



Insta360 Go では通常のビデオ撮影の他に、写真撮影、スローモーション動画、タイムラプス、ハイパーラプス動画の撮影、インターバル撮影といった撮影方法をサポートしているだけでなく、アプリ上でクリップを指タッチで操作するだけで映像に回転効果を加えられる「バレルロール」機能等も搭載しており、思った以上に凝った映像編集が可能です。



Insta360 Go は Amazon だと 23,800 円なので、非常にリーズナブルです。

Source : Insta360

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5