Google、Androidの次期バージョン「Android 11」のデベロッパープレビューを公開

投稿日時 2月 21st, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ピックアップ記事
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Google は 2 月 19 日、Android の次期メジャーアップデート版「Android 11(Android R)」の開発者向けプレビュービルド(DP1)を公開しました。Android 11 DP1 は Pixel 2、Pixel 3 / 3a、Pixel 4 シリーズで利用可能で、今年 5 月頃にベータ版に昇格し、第 3 四半期中に正式版がリリースされる見通しとなっています。

Android 11 では、プライバシーとセキュリティを強化することを最優先に改良されており、他にも折りたたみ式端末や 5G のサポート改善、通話スクリーニング API の導入、新しいメディアやカメラ操作に関する機能の改善、機械学習のバージョンアップなど、UI といった外観の改良よりも内部的な改良の方に力を注いでいるようです。

Android 11 では Facebook メッセンジャーなどに見られるチャットバブルをシステムレベルでサポートし、例えばメッセージアプリの会話を画面上にバブルとして貼り付け、他のアプリを使用中でも画面端のバブルをタップするだけで呼び出すことができます。

また、チャットに関する新機能として、通知パネルに会話セクションが追加され、通知パネルを開くだけでアプリの会話内容を確認したり返信することができます。

通知に関する主な変更点として、通知のクイック返信に直接画像を添付することに対応。例えば、Chrome ブラウザやギャラリーアプリ内で画像を選択しコピーすると通知でクリップボードからクイック返信にそのままペーストして返信相手に送信することができます。

アプリの権限に対するアクセス要求に対し、「一度だけ」許可する新しいオプションが追加されました。Android 10 の時に位置情報へのアクセスで「アプリ使用中のみ」が追加されましたが、Android 11 の新オプション「一度だけ」を選択すると、アプリを閉じれば再度許可を求めるので、不要な位置情報の取得を抑制することができます。

また、BlobstoreManager を介し複数のアプリ間で安全にデータ BLOB を共有できるようにもなり、例えば今後サポート予定の ISO 18013-5 に準拠したデジタル運転免許証についてもすアホで安全に保管でき、アプリ間で共有することができます。

セキュリティ機能については他にも、生体認証において指紋認証や顔認証の安全性強度を 3 段階で判別することが可能となりました。指紋や 3D 顔認証ならレベル「強」と判別され、フロントカメラだけを用いる 2D 顔認証ならレベル「弱」と判別することが可能になります。これを活用すれば、例えばオンラインバンキングのアプリでレベル「強」をユーザーに求めるといった安全対策の仕組みを実装することができます。

Android 11 では最近の Galaxy シリーズに見られるピンホール型のノッチや OPPO スマホでよく目にする雫型のノッチをシステムレベルでサポートしました。

Android 11 ではカメラアプリを起動した際に、通知やアーラム、着信の音やバイブレーションを自動的にミュートすることが可能になり、この新オプションを有効にすると撮影中に邪魔が入らなくなります。

飛行機に登場した時などに利用する機内モードは、Bluetooth オーディオ機器との接続中は機内モードを ON にしても Bluetooth は OFF とならずそのまま接続を維持できるようになりました。

5G サポートの改善については、従量制プランかそうでないかを判別する Dynamic meteredness API にセルラーネットワークを含めるよう拡張された他、Bandwidth estimator API においてネットワークをポーリングしたり速度テストを実行することなくダウンストリーム・アップストリームの速度を計測できるようになりました。

以上、本記事では Android 11 で行われた変更や機能追加の主要な部分について簡単にではございますが紹介させていただきました。変更箇所は他にも沢山あり、それらは Android Developers のポータルサイトでご確認いただけます。

Source : Android Developers Blog

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5